イベント・オープンハウス 資料請求・お問い合わせ

完成までの流れ「家づくりのプロセス」

家づくりのプロセス

ホームページ、住宅雑誌、ご紹介、ショールーム、オープンハウスなどをきっかけに、お客様とブルーハウスのお付き合いが始まります。
気さくで親しみやすいスタッフがご対応させていただきます。
家は一生に一度の大きな買い物ですから、思い描く暮らしへのこだわりやわがままを一緒にカタチにしていきましょう。

ブルーハウスでは、ご家族の皆様に「家づくりイメージノート」というものをお渡ししています。
「キッチンの隣に家事部屋をつくりたい!」「インナーガレージがほしい!」など、あなたのご要望や描く暮らしを自由にご記入ください。
理想の家づくりのために、お客様のご要望をしっかりと把握したうえでプランニングしていきます。

建設予定地の現地調査を行います。
水道、ガス、防火指定の有無、地区計画の有無など、法規的なことだけでなく、土地のレベルを測り、周囲の状況を確認しながら、どうプランする
のがお客様にとって一番良いのかを考えながら調査をしていきます。

ご記入いただいた「家づくりイメージノート」と現地調査をもとにして、概算資金計画とお客様だけのオンリーワンプランをご提案いたします。
あくまでファーストプランですので、お客様との打ち合わせを重ね、更なるご要望やご希望をプランに落とし込んでいきます。
最初は漠然としていたプランも、何度も打ち合わせを重ね、話し合ううちに、どんどん目指す家のカタチが明確になっていきます。
ワクワクしながら、楽しい家づくりをしましょう。

打ち合わせを重ね、明確になってきた希望やこだわりを、さらに明確にする仕様提案と、それに伴う概算見積りを作成します。
間取りと設備や、部材の写真、外観パースだけでなく、内部のショットパースを作成しますので、より具体的なイメージを持っていただけるはず
です。

今までの打ち合わせの状況を踏まえたうえで、家づくりのパートナーとしてブルーハウスがふさわしいかご判断いただき、お任せいただくかをお決
めください。もし、お客様の家づくりのパートナーとして選んでいただけましたら、基本設計契約を結びます。

より詳細な図面をもとに、細部までお打ち合わせ、修正を重ねたプランを作成していきます。
また、具体的な仕様書・本見積り書、資金計画書を作成します。
住宅ローンに関しても、きめ細かく相談に応じ、お客様のご予算やご希望に沿った金融機関の選定からローンの組み方まで最適なご提案をいた
します。

プラン、仕様、金額すべてにご納得いただけましたら、工事請負契約を締結します。

プラン確定後、工事の建設確認申請を行います。許可には数日〜数週間かかる場合があります。
その間にも、コーディネート内外装の仕様や、色などを決める打ち合わせを進めていきます。
全てが決まるまでには平均約10回程度の打ち合わせを行っています。
打ち合わせをする中で新たに出てきた変更に伴う金額の増減や、追加項目は、その都度追加契約を行います。

事前に入念な地盤調査を行います。
どんなに基礎がしっかりしていても、地盤がゆるくては家は傾いてしまいます。
信頼の置ける業者に依頼して、しっかりと地盤調査をした上で家の建設を行います。

地面に打った杭に縄を張り、建物の配置を設計通りに決めていきます。
ズレの無いように入念にチェックしながら行っていきます。

その土地の神様を祀り、工事の無事を祈る儀式として、地鎮祭を行います。
また、あらかじめ張った地縄により、建物の配置を確認していただきます。
さらに、担当者がご近所のお宅へ工事の挨拶に周ります。

地盤調査の結果に応じて、地盤改良工事を施します。また、地盤保障に関しては10年間にわたり対応しています。

防湿シートを張り込み、湿気による劣化を防止したうえで、直径10mmの鉄筋を200mm間隔に配筋していきます。

配筋検査を行います。

基礎はベース150mm厚、立上り150mm巾のベタ基礎を採用。
コンクリートを打ち固め、十分に養生した後、型枠を外し基礎を完成させます。

床土台・・・通気性を高めるために基礎に強化プラスチック製の基礎パッキンを設置した後、土台を敷き込み、防蟻材を塗布します。
床鳴りを防ぐため、床を鋼製束で支えます。また、床下からの冷気や湿気から住まいを守るため、床を支える大引きの間に断熱材を隙間なく敷き
詰め、表面に構造用合板を打ち付けます。

上棟日、もしくは翌日中に、雨水漏れを防止するためのルーフィングを屋根部全面に張り終えます。
地域の慣習やお施主様のご希望によっては、上棟式を行うこともあります。

現場にて打ち合わせを行い、電気のスイッチやコンセントの位置・数、造り付けの棚やデスクの高さなど、細かな点を再確認していきます。

構造用面材(モイス)を外壁部全面に張り付け、耐震性・防火性などに優れた構造体にします。

外断熱部であるEPSボードを、外壁部全面に張り付け、高機密・高断熱・無結露住宅となります。

EPSボードにパワーネット、樹脂モルタルを施工し塗り壁の下地が出来たら、仕上げのトップコート塗りになります。
数人の左官職人さんが手作業で施工します。

外壁部の柱間にも、断熱材(セルロースファイバー)を充填し、EPSボードと合わせてダブル断熱となります。

床材貼りや、巾木・階段などの造作、棚、クローゼット、ニッチなどの造り付けを作成します。

床面とガラスのクリーニングを行います。

さまざまな検査を経て問題がなければ建主へ引き渡しとなります。
鍵をお渡しして、晴れてマイホームがお施主様のもとへ渡ります。

6ヶ月目と2年目に点検にお伺いします。
また、点検の無い年も1年に1度点検ハガキをお送りいたします。

リノベーション セミナー アルバムプレゼント フェイスブックページ フェイスブックページ
トップへ戻る

豊橋ショールーム

〒441-3106 
愛知県豊橋市中原町字東山41-3
TEL:0532-65-6277 
FAX:0532-65-6278
フリーダイヤル:0120-48-3441

名古屋デザインラウンジ

〒470-0136 
愛知県日進市竹の山4丁目1303番地
TEL:0561-73-0007 
FAX:0561-73-0017
フリーダイヤル:0120-758-268

岐阜オフィス

〒501-0522 
岐阜県揖斐郡大野町
相羽880番地1
TEL:0585-52-9506 
FAX:0585-52-9508
フリーダイヤル:0120-928-295

Copyright © 岐阜 豊橋 名古屋を中心とした自然素材住宅 注文住宅のBLUE HOUSE Allrights Reserved.